手ブレ補正は万能ではない?手ブレ補正の仕組みを紐解いてみる

手振れ補正について サムネ

ストリートスナップや突然の速写性が求められる場面、光量が少ない場所での撮影などに恩恵を受けられる手振れ補正。

手ブレ補正が付いていないカメラ、レンズを除いて、敢えてOFFにする必要性があるのか?という疑問がありました。

ただ、撮影テクニックなどで、“〇〇撮影時は手振れ補正をOFFにして~”と書かれており、手ブレ補正が効いているとデメリットに繋がる状況もあるのだなということを知りました。

今回はそんな手振れ補正について、その仕組みやメリット、デメリットについてみていきたいと思います。

手振れ補正の仕組み

手振れ補正と一言でいっても、仕組みやその構成は様々。
先ずはその仕組みについて一つずつみていきます。

電子式

代表的な手ブレ補正に「電子式」と「光学式」があります。

「電子式」は、レンズを通して入り込んだ光を撮像素子が受け、映像データに処理する際、ブレていないように加工、修正する方式になります。
その名の通り、電子的に修正することから電子式と呼ばれています。

光学式

センサーシフトとレンズシフト

「光学式」には、「レンズシフト」と「センサーシフト」と呼ばれる2種類の補正があります。

ブレを感知した際にレンズが補正するのを「レンズシフト」と呼びます。
カメラボディーのセンサーにてブレを補正するのを「センサーシフト」と呼びます。

簡単に言うと、レンズで手ブレ補正するか、ボディで手ブレ補正をするかということですね。

デュアル、ハイブリッド

上記の「電子式」と「光学式」を組み合わせた手ブレ補正や、光学式の「レンズシフト」と「センサーシフト」を組み合わせた手ブレ補正など、強力な手ブレ補正を備えたカメラもあります。

また、「センサーシフト」つまりボディ内手ブレ補正でもその性能はカメラによって異なり、近年その性能もどんどん良くなってきています。

三脚撮影時は手ブレ補正OFFがセオリー?

三脚使用画像

手ブレ補正はそもそも何のために存在するのか。
バカみたいな発言ですが、その名の通り、手ブレを補正する為の機能になります。
ここで注意してみて頂きたいのが、“手”ブレ。手によるブレを補正しているということです。
手で持って撮影した際に手振れ補正は効果を発揮します

つまり、被写体ブレや、その他環境によるブレに対応したものではありません。
代表的なシチュエーションですと、三脚での撮影や、カメラを固定して撮影する場合になりますね。

「三脚撮影 手ブレ補正」といったワードで検索すると、なぜOFFにするべきか当ブログより(笑)正確に書かれた文献がたくさん出てきます。

かなり簡単にザックリと説明しますと、人間の手の振動はやんわりとした振動なので、その揺れを感知し補正していくといった流れとなります。
先ほども説明した通り、手振れは光学式の場合、レンズやセンサーを動かすことで揺れを打ち消す……つまり補正する仕組みになっています。

三脚などの金属での揺れは人に比べ一度の衝撃が強い場合が多く、断片的なものだったり不規則なので、手振れ補正が正確に感知できません。それでも揺れを無くそうとレンズやセンサーを動かしてしまうので、逆に揺れを発生させてしまう可能性があるわけです。

技術的なことはチンプンカンプンですが、なんか不思議ですよね。

各メーカーの使用説明書等には「三脚用いて撮影する場合には、手ブレ補正機能が誤動作するおそれがあるため、手ブレ補正をOFF(切)にしてください」といった文言が書かれています。
メーカーによっては消費電力を抑えるために切っておいた方が良いよーと記載しているものもあるそうです。

三脚を用いていても、地面の振動や風、室内であっても色々な環境による振動が生じる恐れがあります。
そういった自然によるものが撮影に影響してしまうことを最小限に抑える為に、手ブレ補正をOFFにした方が良いということです。

手ブレ補正ONでも三脚使用時にブレたことないよ!

私は三脚を用いて頻繁に撮影したことはありませんが、三脚使用時に手ブレ補正ONにして今のところブレたことはありません。
(被写体ブレはよくありますが)
三脚自体がブレを軽減するためのカメラ機材なので、今までは三脚に救われていたのかも。
ラフに撮影する場合はそこまで神経質にならなくても良いとは思いますが、しっかり撮影したいときは手ブレ補正をOFFにした方が無難なのだと思います。。

最後に

写真としてのブレも勿論、味だと思いますが、プロの現場では通用しません。
私は素人ですが、なるべくならブレのない写真にしたいなと思います。

手振れ補正はカメラメーカーがかなり力を入れている機能になるので、新しいカメラが発売された際、結構大きくその機能について説明していると思います。

手振れ補正 対応 非対応 というだけでなく、メーカーによっても補正方法も奥が深く、なるほど!という点も多いので、被写体が決まっている人などはそういった点を含めながらカメラ選びをするのも良いと思います。
ちなみにレンズによっては敢えて手ブレ補正を付けていないレンズもあります。

私もこれからはカメラを固定して撮影する際は、手振れ補正のON、OFFを意識しながら撮影していきたいと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

手振れ補正について サムネ

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です