ホワイトバランスを理解すると写真がもっと楽しくなる

ホワイトバランスについて サムネ

“なぜか今見ている景色と撮影した写真の色味が違うな”

そんな時ありませんか?

これは、カメラの「ホワイトバランス」の設定によるものになります。

初めてカメラを購入し、撮影しようとしたとき「ホワイトバランス」という見慣れない言葉に戸惑った方も多いのではないでしょうか。
私も最初はそうでしたし、オートで撮影していたので特に意識をしていませんでした。
この「ホワイトバランス」を適切に設定してあげることで、今見ている景色と撮影した色味を“限りなく近く”することが可能になります。

では「ホワイトバランス」とは一体何なのか?それについて今回は説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

色の見え方

人が色を認識するのに必要なのは“光源”になります。
この光源からの光がモノに当たり、反射した光が人の目に入り色やカタチを認識します。
暗闇では何も見えない、撮影出来ないことを考えるとわかりやすいと思います。

光源と色の見え方 画像

光源は太陽だったり、電球や蛍光灯などの照明だったり、月明かりだったり様々です。

例えば白熱電球のみ照らされている部屋の机に白い紙を置いたとします。
すると、白い紙は勿論、全体的にオレンジ色っぽい色合いになります。
白い蛍光灯の下であれば、青白っぽい色合いになります。

このように光源によって、本来の色合いとは異なった色に見えます。

“白さ”の基準を補正する機能

なぜ光源によって色合いが違うのか、それは色温度と呼ばれるものが異なるからです。

色温度の図解

晴天時の青っぽさ、赤い夕日など差し込む光の色合いが異なれば、その光を受けた被写体の色合いも変わってくることは自然なことですよね。

今、光源はどういう状況か、それを適切に設定してあげることで、実際の色合いを再現できるわけです。
光の色による“色かぶり”を補正し、カメラ内での“白さ”の基準を補正するのが「ホワイトバランス」の本来の機能になります。
簡単に言うと、“白いものを白く補正する”ということです。

ホワイトバランス

カメラにてホワイトバランスの設定を見てみると、

・AUTO(自動)
・電球
・蛍光灯(1,2,3)
・曇天
・晴天日陰
・晴天
・K(細かく設定)

一般的に上記のような項目(※)が用意されていると思います。
※項目数はカメラによって異なります。

現在、光源がどれに当たるかを選択してあげることで、カメラ側でその光源に合った補正を行ってくれるというわけです。

色合いの違い

冒頭でも述べましたが、直接見るのとカメラのセンサーを通して見るのとでは色合いが違って見えることありますよね。
これは実際では光が単一の光ということが少なく単純ではないので、カメラで処理するには限界がある為です。

昼間の室内であれば、室内の照明と太陽光などが混ざった光になります。
夜も工事中のランプや、ビルの照明、街路灯など様々な光が存在します。

このような混合した光ですと、ホワイトバランスにて電球や蛍光灯などのプリセットでは近しい色合いにするのが難しいわけです。

こんな時はAUTOを活用しましょう。カメラが適切なホワイトバランスに設定してくれます。

AUTOはとても便利ですが、カメラ側の認識でも限界があり思ったような色合いにならないことがあります。
そういった際は、自身で色温度を調整しホワイトバランスを設定してあげる必要があります。※
※カメラによっては細かい設定が出来ないものもございます。

ホワイトバランスを写真の表現に活用する

ホワイトバランスは“白さ”の基準を補正する機能になる事を先ほど説明しました。
ですが、白を白として補正しない方が見栄えが良いときもございます。

家族写真
草木写真

 

例えば、子供の写真や家族写真などではオレンジよりの色合いの方が温かみがあり、健康的に見えます。
草木や花では、青白い色合いにするとみずみずしい清らかな印象を受けます。

これは表現の一つであり、何が正解というものではありません。

曇りの日にホワイトバランスを快晴に設定してみたり、電球が灯る部屋で蛍光灯(昼白色)の設定で撮影してみたり、敢えてホワイトバランスの光源設定を変えてみると写真の雰囲気が変わるのでとても面白い結果になります。

最後に

カメラのメニュー画面を見ると、設定項目がたくさんあり嫌になってしまいますよね。
写真撮影を楽しむことが一番大事になります。
好きにいじって撮影してみた方が自然と覚えていくことも多いので、楽しみながらガンガン撮影していくことをお勧めします。

ホワイトバランスもAUTOではなく、積極的に色々いじって自分の好きな色合いにしていくことを第一に楽しんでみてください。
慣れてきたら、ネットや本などでホワイトバランスについて軽く一読するとスッと入ってくると思います。
この記事もそんな参考の一つになれば幸いです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホワイトバランスについて サムネ

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です