最初のレンズに50mmの単焦点レンズがお勧めされる理由とは?

50mm単焦点 おすすめ サムネ

焦点距離50mmの単焦点レンズは最初のレンズとしてとても愛されている焦点距離になります。

広角側から望遠よりまでカバーしている標準ズームレンズはとても使いまわしがきき便利な一方で、同じくらい、それ以上に愛されている50mmの単焦点レンズの魅力って何なのか。

私も大好きな焦点距離の単焦点レンズである50mm単焦点レンズ。
今回はその魅力について説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

 

カメラを学ぶのに一番適したレンズ

思い切って“一番”と言い切りましたが、多分間違いないです。
これからカメラを購入して写真を一から勉強したい!と思っている方にはかなりベストなレンズというわけです。

初めてカメラを手にした際、ボタンの数や設定項目の多さにフルオートに逃げてしまうことも多いと思います。
最近のカメラはかなり優れているので、フルオートですごく綺麗に撮影出来ますし、自分の望む写真に近づける簡単設定も増えてきています。
これは別に悪いことではないですし、便利なのでガンガン利用していくべきだと思います。

でも、シャッタースピードの変化で何が変わる?絞りは?適正露出って?などなど、自分でいじらないと覚えることは難しいです。
逆に、いじっていけば確実に覚えられます。
自身で設定して撮影したい写真に仕上げていくには、写真の特性、カメラの機能を知ることが一番の近道になるわけです。

そういった中、焦点距離50mmの単焦点レンズはカメラを学ぶにあたり、使い勝手がとても良いレンズなのです。
その魅力について、一つ一つ特徴を押さえていきたいと思います。

構図を学びやすい画角

写真撮影する際、最初にぶち当たるであろう構図問題。
カメラの性能がどんなに良くなっても構図だけは自分で考えなければいけません。

ズームレンズは寄っても引いても撮影出来るとても便利なレンズです。
でも画角も変わってくるので、良い意味でも悪い意味でも選択肢がとても広がってしまいます。
シャッターだ、絞りだ、ズームだなんだと、カメラを持って初めての頃はなるべく選択肢を狭めた方が良いと思います。

その点、単焦点レンズは焦点距離が決まっているので、ズームを考える必要がありません。
自身の足を使って、画角を調整していくことで、構図を考えやすくなります。

人の目に近い、50mmという焦点距離

50mmという焦点距離は“人間の目に近い”と言われています。
つまり画角的に違和感が少なく、普段見ているように被写体を捉えられるので、構図と取りやすいというわけです。

また、広すぎず、狭すぎない画角は、無駄なものを省きやすいので、被写体を明確にしやすいといった利点もあります。
スナップから風景、ポートレートまでなんでもこなせる万能レンズになります。

明るく、コンパクトなレンズが多い

単焦点レンズはズームレンズに比べ、明るくコンパクトなレンズが多いのが特徴的です。
暗所での撮影にも強くなるので、夜間や室内での撮影にも向いています。

また、単焦点レンズはコンパクトで軽量のものが多くなります。
カメラ本体含め、重いなーデカいなーという意識は撮影意欲を削いでしまうことも多いので、ガンガン撮影して勉強していく学び初めには、常用レンズとしても使い勝手が良いレンズになります。

ボケ感ある写真からシャープな写真まで

先ほど明るいレンズが多いと書きましたが、F値が低いと被写界深度が浅くなり、ボケ感ある撮影を楽しめます。
勿論、絞っていけば被写界深度は深くなり、全体的にシャープな写真にすることも可能です。

適正露出だけでなく、絞りの特性を理解しやすいので、楽しみながら学べるレンズになります。

安価なモデルが多い

50mm単焦点レンズは標準レンズとして愛されているので、各メーカーで安価なレンズを用意していることが多いです。
安価というのは、他レンズに比べてという意味になります。
また、サードパーティー製のレンズも多く、レンズの種類も豊富で、写りの違いを楽しめるのも特徴的です。

ズームレンズにはない描写感

色々なお勧め理由がありますが、自分が単焦点レンズが好きな理由の一番がこれになります。
50mmに限ったことではないですが、レンズ設計上、単焦点だけにフォーカスした設計なので、ズームレンズよりも描写力が優れています。
ズームレンズは便利ですが、単焦点レンズの写りを見ると単焦点レンズの出番が増えること間違いなしです。

勿論、その場その場にあった使い方があるので、どちらのレンズも併用していくのがベストではあります。

単焦点レンズとズームレンズ
レンズの価格と性能は比例すると考えて間違いありません。なので、2,3万円の単焦点レンズと20万近くのズームレンズならどちらが凄いかと言われると、多分、ズームレンズでしょう。それだけ良い描写が出来るレンズ設計になっているので、値段も上がるわけです。なので、ズームと単焦点を比べるのは表現として適切ではないかもしれませんが、“一般的に”といった意味と、“同価格帯で”ということを踏まえていただけたらと思います。

ファーストレンズにお勧め

50mm単焦点レンズの魅力について語ってきましたが、最初の1本としてお勧めな理由が伝わりましたでしょうか。

自分自身、一番最初レンズは50mmF1.4の単焦点レンズを使用してから、今までカメラ本体を変えても必ず最初の1本は50mm単焦点レンズを購入してきています。
それほど、信頼でき、使い勝手の良いレンズなわけです。
コンパクトで暗所に強いというのはやはり便利で、ズームが出来なくても自分が動けば良い話なので、常用レンズとしてもお勧めです。

是カメラを始めて購入する際や、単焦点レンズを悩んでいる際に参考になれば幸いです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

50mm単焦点 おすすめ サムネ

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です