RAW現像にてホワイトバランスを適切に調整する方法

ホワイトバランスの調整 サムネ

ホワイトバランスの調節って難しいですよね。

適正露出であれば大きくは「明るさ」のバロメーターを見ていれば良いのですが、ホワイトバランスは色のバランスなので、何がベストなのかわからなくなってしまうことも多いです。

ホワイトバランスとは、どのような光の下でも適切な白色を再現する為の機能になります。
太陽光や蛍光灯、白熱電球、LEDなど光源は様々。色んな光源が混ざった状態ではカメラ側でオート撮影しても、中々思った色味にならないことも多々あると思います。

仕事などでは、商品の色味であったり、人物の肌の色などを忠実に表現する必要があるので、カラーチェッカーやカラーマネジメントなどを参考にホワイトバランス調整を行ったりします。

でも、プライベートでは?
暖色系の色味の方がご飯が美味しく見えたり、温かみのある風景になったりします。
海や森林などでは青を強くした方が透き通った風景になることもあります。
その場の色調よりも、違う色調の方が綺麗に見えることもあるわけです。

こうした撮影者の好みもあるので、なおさら何が最適かわからなくなってしまいますよね。
今回は、adobe LightroomのRAW現像する際、基本的な調整方法と意図的に調整する方法を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ニュートラルグレーを探して簡単調節

露出光とシャドウ

ホワイトバランスを調整する、その前に!
もし写真全体が逆光等で暗くなっている場合は、「露光量」や「シャドウ」を上げて簡単に露出を整えておくとベストです。
暗い感じのままホワイトバランスを調整しても肝心の被写体の色味変化がわからなかったり、ニュートラルグレーを見つけにくくなってしまうからです。

adobe Lightroomにてホワイトバランスを調整する際、基本補正上部メニューを使用します。

ホワイトバランスの調整

「撮影時の設定」より、光源からホワイトバランスの調整することも可能です。
ただ先ほども述べましたように、現実的には色々な光源を含んでいる状況が多いので、これだけでは思った色調にならないこともあります。

色温度バーはホワイトバランスそのもので、2000~50000の範囲で色温度を調整すると最適な色調にすることができます。
慣れてくるとこちらで調整することも可能でしょうが、もっと簡単に調整し、色温度は最終的な微調整に使用すると良いと思います。

そこで登場するのが、左上のスポイトです。
写真上のニュートラルグレー(または諧調情報のある白、黒)を選択してあげることで、簡単に適切“であろう”色温度に調整してくれます。

ニュートラルグレーって?

ニュートラルは中立や中間といった意味で、つまり純粋なグレーを指します。
理論上では、RGBの3色の比率128:128:128が丁度中間に位置し、ニュートラルグレーとされます

ニュートラルグレー

しかし、グレーを頭の中で想像してみても、色々なグレーが存在しますよね。
ちょっと赤がはいっていたり、青がかっていたり、自然界の物の中から完全なニュートラルグレーを探すのは至難の業だと思います。
なので、ニュートラルグレーの比率を意識し、それに近しいグレーを探すのが最適です。

調整サンプル

元画像1

今回はこちらの画像を使用してホワイトバランスの調整をしていきたいと思います。
撮影は夜間で、電球色の照明で全体的にオレンジがかっていますね。

早速、スポイトでニュートラルグレーに近いグレーを探します。
スポイトをクリックし写真上にカーソルを移動させると、その箇所の色情報が表示されます。

スポイトで

選択時はナビゲーターを参考にすると選択後の色味がわかるので便利です。

ナビゲーターで確認

ニュートラルグレーに近いグレー部をクリックしてみたところ、ちょっと青みが強い気がしたので、色温度で調整します。

色温度で微調整

RAW現像はこれで終了ではありませんが、ホワイトバランスの調整が一旦、完了しました。

ニュートラルグレー+α

ニュートラルグレーを探して補正すれば良いのか?
先ほどの調整でホワイトバランスは完了しているのか?

実は必ずしもそうだとは言えません。
勿論、完全なるニュートラルグレーを探すのが難しいといった問題もありますが、冒頭で述べた見た目の好みやその場に適した色調といったものもあります。

「完璧なニュートラルグレーで補正したらご飯が美味しく見えなくなった」

こういったこともあると思います。
ニュートラルグレーで補正後を基準に、好みや適した色調に調整していくことがベストです。

好みに色調を変更してみる

きなこ画像1
きなこ
久しぶりの登場ね!

先ほどのホワイトバランスの調整方法をもとに、好みの色調に調整していきます。
全体的に青みがかっているので、色温度を少し上げます。

その後、色かぶり補正をマゼンダ側に操作します。
こうすることで肌の色が健康的に見えます。
※色温度も色かぶり補正もやり過ぎには注意です

色かぶりとは、写真全体の色調が特定の色に偏っていることを指し、色かぶり補正にて調整します。

きなこ画像2

明るさは変更していませんが、ちょっとパァーっと明るくなった感じがしますね。
細かな調整はまだありますが、基準値を定めることは大事なので、そこから細かい調整をしていくとゴールが見えやすくなります。

私もまだまだホワイトバランスの調整に手こずっていますが、繰り返し練習して適切なバランスを知っていきたいと思います。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホワイトバランスの調整 サムネ

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です