ヒストグラムを恐れず、仕組みを理解して利用しよう!

ヒストグラム説明 サムネ

前記事に続いて、レタッチに関するお話。

レタッチするにおいて重要な指針の一つである“ヒストグラム”について今回は焦点を当てていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

ヒストグラムは同じ明るさの量を示したもの

デジカメで撮影しようとしたとき、画面表示の切り替えをしていると、上図のような画面を見たことがあると思います。

実際、撮影時は“ウニョウニョ”動いていて邪魔だから非表示にする!って方が多いと思いますが。(私は非表示にしてしまいます)

これは「ヒストグラム」と呼ばれるもので、画面上に同じ明るさがどれくらい占めているかを表したものになります。

液晶ディスプレイ、デジタルカメラなどの画像再現ではRGBというカラーモデルが用いられています。

R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)各明るさ0~255(256諧調分)が組み合わせり、様々な色が再現されているわけです。

これのバランスを表したものがヒストグラムと呼ばれる図で表されます。

ヒストグラム説明01

わかりやすく白と黒のみで表していますが、上図のように画像や画面内で構成されている同じ明るさがどれくらいの割合を占めているかを表したものになっています。

Photoshopでヒストグラムを見てみる その1

adobe Photoshopを用いると、体感的にヒストグラムを理解できます。

例えば、新しいキャンバスを用意して、単色の図を書いてみましょう。
先ずはわかりやすく濃いグレーの円を描いてみます。

ヒストグラム説明02

ヒストグラムにて対応した明るさが伸びているのがわかります。

ヒストグラム説明03

もう少し薄めのグレーの円を描いてみると、先ほどよりも右側に対応した明るさが表示されています。

ヒストグラム説明04

同じように薄いグレーの円を描き、今度は少し大きめに描いてみると、明るさの比率が上がる為、ヒストグラムにて対応した明るさが少し長めに表示されていることがわかります。

このように、白黒のみでの明暗を変えて描いてみると、体感的にヒストグラムを知ることができます。

Photoshopでヒストグラムを見てみる その2

次にカラー表示でヒストグラムを見てみます。
R:100、G:150、B:50 のカラーの楕円を描いてみると下図のようになります。

ヒストグラム説明05

RGB表示では、R(レッド)、G(グリーン)、B(ブルー)の各チャンネルを合わせたものが表示されます。
各チャンネルの明るさがわかるので、色の飽和と階調がわかりやすい表示になります。

ヒストグラム説明06

輝度表示にすると、ヒストグラムでは1本の棒になります。
これはRGBの要素を合成して明暗に変換した値が表示されています。

輝度表示では全体の露出レベルがわかりやすいのが特徴的です。

〇輝度表示 … 露出レベルの傾向と全体の階調
〇RGB表示 … 色の飽和と階調

ヒストグラムの利用方法

ヒストグラムが明るさの分布で、高さが高いほどその明るさの面積が広いということがわかったと思います。
これがどのように役に立つのかという話ですが、写真の撮影時に嫌われる白とびや黒つぶれ、コントラストの強弱などをヒストグラムで把握できるようになります。

露出レベルの把握

輝度表示にて同写真の明るさを変化させたものを見てみます。

ヒストグラム説明07

グラフが全体的に左に偏っていると暗い成分が多いので、写真が暗く感じます。
逆に右に偏っていると明るい成分が多いので、写真が明るく感じます。

右の写真ではピンクで囲った部分がグラフが右端に当たっています。
これがいわゆる“白とび”になります。

白とびや黒つぶれが絶対悪いということではありませんが、重要な箇所にてそのような部分が多い写真では、rawデータならまだしも、jpegで撮影したデータですとレタッチが非常に困難なので、撮影時に注意が必要になります。

真ん中にお山が出来た写真は明る過ぎず暗すぎずが適正な露出レベルと言えます。

コントラストの強弱

RGB表示にてヒストグラムからコントラストの強弱も把握できます。

ヒストグラム説明08

解説すると至極当たり前になるのですが、上図のように、真ん中にグラフが狭まっていると明暗差が少ないのでコントラストが弱いとわかります。
逆にヒストグラムの山が左と右にかたよると明暗がハッキリしており、コントラストが強くなります。

色の飽和と階調の状態

ヒストグラム説明09

今回もわかりやすくする為、元画像の彩度を故意に上げた写真を用意しました。

輝度表示をしてみると、白とびも黒つぶれもないことがわかります。
RGB表示にすると、グラフが右側に当たっています。輝度表示と合わせて確認すると、何かがつぶれていることがわかるわけです。
各チャンネル情報を見てみると、レッド(R)チャンネルにてつぶれていることがわかります。

今回の写真では彩度が高すぎて赤色がつぶれているわけです。
こういった状態を“色飽和している”と言います。

色飽和とはそのままですが、色が飽和している状態のこと。
つまり色の階調がないことで、ディテールが潰れてしまうことを表します。

ちなみに、色飽和は暖色系膨張色で発生しやすい傾向にあります。

コントラストや彩度を適正な値に設定することで、色の飽和を防ぐことができ、ヒストグラムを活用することでその状態を把握できるわけです。

ヒストグラムが重要なわけ

色々説明してきましたが、

“実際に目でモニターを見て確認しているし、おおよその適正レベルはわかるよ!”

ということで、ヒストグラムの重要性がわからないという方も多いと思います。
さらに、最近ではカメラの性能も良いので、センサーの性能も上がり、オートで撮影したら適正な写真を撮影してくれるようになっています。

それでも、“ヒストグラムは重要”とうたわれ続けているのには訳があります。

例えば、デジカメの液晶モニターとPCのモニターでは何かちょっと写真の色味が違うな?なんてことありませんか。

それは、モニターによって色の再現度が異なってくる為です。

実際に見た風景、液晶モニターで見た画像、撮影された写真をパソコン等で確認した画像は全く一緒ではないからです。
ですが、ヒストグラムは人間の目による影響は受けません。上記のような“あれ?なんか違うな”といった状況を少しでも無くす為、ヒストグラムをチェックすることが大事になってくるわけです。

最後に

白とび、黒つぶれ、適正な彩度など色々意識することは大事なことですが、適正すぎることが絶対に良いというわけではありません。

下手をすると標準過ぎて味気ない写真になってしまう可能性があるからです。

例えば、今回は少しコントラスト強めに撮りたいなー、レタッチしたいなーといった時に、行き過ぎないギリギリのラインで調整する際にヒストグラムを利用すると良いわけです。
ヒストグラムを理解していると、そういった塩梅がわかってきます。

ちょっとこれはオーバーかな?なんて時の指針に活用することが良いと思います。

ヒストグラムを一度理解してしまえば、意識しすぎないように楽しく撮影することが出来るはずです。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

ヒストグラム説明 サムネ

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です