今後、4Kは動画だけでなく写真にも関係してくるって本当?

4Kの謎 サムネ

突然ですが、初めてフルHDの次世代として4Kテレビが出現した時は、現実のような解像度にびっくりしませんでしたか?

家電量販店のテレビコーナーで4Kテレビを見回って、若干酔ったのは懐かしい記憶です。

そんな4Kですが、今ではビデオカメラだけでなく、アクションカメラやデジカメにも搭載されるようになってきました。

「4Kすげー×2」

と巷でよく聞きますが(実際、映像は凄いですが)、ここまで4Kが標準搭載されてくると、ぶっちゃけ4Kってなんなんだ?と、私は何にも知らないんだなってことに気づかされました。

ということで、今回は4Kについて“一緒に”学んでいきたいと思います。

ちなみに、我が家のテレビはHD。フルでもないです。でも現役です。十分です。

4Kは3840×2160

2k 4k 8k サイズ違い

4Kとは解像度であり、フルHDよりも綺麗というのは、単純に解像度が高いことを意味しています。
4Kディスプレイの解像度は3840×2160になります。
この横幅3860が約4000なので 1K(キロ)=1000、つまり、4Kと呼ばれるようになりました。

将来的に新しい企画とされるであろう8Kディスプレイは、4Kの2倍となるので、7680×4320になります。

2KはフルHD

4Kディスプレイを半分にした2Kは、1920×1080になります。
見慣れた数値の掛け合わせではないでしょうか。フルHDと同じ解像度になります。
ただ、フルHDより高解像度な2560×1440と言う解像度ディスプレイを2Kと表記することもあるので、2KとフルHDが完全にイコールではないことに注意しましょう。

現実的に8K放送には問題がたくさん

先ほど将来的に8Kが~ということを述べましたが、これは撮影技術に関しては必然的に上がっていくだけで、現実的に世間で8K放送が当たり前になるにはたくさんの問題があります。

私も映像に関してあまり詳しいほうではありませんが、4Kはかなりのデータ量になります。
8Kになると、ブルーレイディスクレコーダーなどの記録媒体では収まりきらなくなってしまう恐れがあります。
映像編集も大変になり、パソコンも必然的に高スペックモデルが要求されます。

とまぁ色々な箇所で問題が起きてくるので、急いで乗り換えする必要はないのかなと思います。
HDのテレビを愛用している私が言うのも何ですが。

4Kって何万画素?

去年、Panasonicのデジタルカメラ「LUMIX DC-GH5」を発売した時、6KPHOTOや4KPHOTOが話題になりました。

私自身、当時、4Kや6Kという単語が映像で使用されるワードと認識していたので、写真に置き換えてもピンとこなかったのが事実です。

4Kディスプレイの解像度は3840×2160=8294400になります。
つまり、約830万画素にあたるわけです。

2000万画素越えが当たり前のデジカメ界なので、たったの800万画素かぁ~なんて思うかもしれません。

が!これのすごい点は動画撮影時に1フレーム800万画素の写真を切り出しているという点です。
動画は静止画を組み合わせになります。

ちなみに、800万画素でもA4程度なら問題なく綺麗に印刷できます。
WEB上での使用では全く問題ありません。

一般的なカメラの高速連写よりも失敗のない写真が4KPHOTOのような機能なら可能になるかもしれないわけです。

まとめ

GH5の4KPHOTO機能など、今のデジカメが4K動画撮影が出来るだけじゃないんだなってことがわかりました。
先ほども述べましたが、動画は静止画の組み合わせ。

複数枚撮影して動画にまとめるタイムラプス。
動画撮影をしているような感覚で決定的な一枚を選ぶ。

静止画も動画もとてつもないとこまで進化してきているのだなと再認識しました。

そしてGH5が欲しくなりました。笑

4Kの謎 サムネ

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です