【カメラの選び方】コンパクトデジタルカメラのススメ

コンデジのススメ サムネ

このブログでちょくちょく書いている【カメラの選び方】
センサーサイズであったり、カメラの種類だったり、そういった機能面での選び方を書いてきましたが、今回はちょいと変えて、コンデジについて語りたいと思います。

以前、カメラの種類の記事を書きましたが、

・コンパクトデジタルカメラ
・ミラーレスカメラ
・一眼レフカメラ(フルサイズ含む)

とあると、なんだかコンパクトデジタルカメラが一番機能的に劣っているように見えますよね。
レンズも交換できないし、ボディも小さい、持ち運びは便利かもしれないけど、スマホで十分じゃないの?などなど。
(一昔前はそうでしたが、今は違います)

機能的に劣っている部分はあるかもしれませんが、ボディが小さいからこそ活きることがあるのもカメラの面白いところ。
そんなコンパクトデジタルカメラ(以下コンデジ)の魅力についてみていきます。

スポンサーリンク

 

私がコンデジを購入した理由

コンデジでも性能が高いものが増えてきているので、一眼レフなどのメイン機とは別に“サブ機”としてコンデジを購入する人も多いと思います。
最終的には私も同じような考えになるのではありますが、私がコンデジを購入しようと思った大きな理由は、ディズニーへ家族と行った時に所持していたカメラを邪魔に思ったからです。

自分はSONYのILCE-7M2というミラーレス機を所持しており、フルサイズセンサー搭載で綺麗に撮影出来るし、ミラーレスなので比較的一般の一眼レフカメラより小さいモデルになります。
家族でディズニーに行く際、やっぱり綺麗な写真で残したいと意気込んで持ってきたものの、首からぶらりぶらりしていると乗り物に乗る際は勿論、移動中も結構邪魔なんです。家族ということで、荷物が多いといった理由もありますが、撮影する際は「撮るぞー!」と意気込んで撮影することがしばしば。
必然的に撮影枚数が少なく、活躍したのはスマホという始末です。

改めてスマホの便利さを再認識したのですが、暗闇での撮影は思うようにいかないことが多かったです。
そんなこんなで、デジカメってこういう時にすっごく便利なんじゃない?と思ったのが購入しようと思ったキッカケになります。

最近のコンデジはすごい

・ソニー コンパクトデジタルカメラ DSC-RX100M5 ¥123,170(※)
・キヤノン 一眼レフカメラ(APS-C) EOS Kiss X9i ダブルズームキット ¥122,030(※)
(※)2017年11月7日 ヨドバシカメラ価格

上記の2機種は細かな性能等は違うので正確な比較対象物ではありません。なので、どちらが良いということではないですよ!
注目してもらいたいのは、コンデジなのにソニーのカメラが約12万円しているということ。

センサーサイズについて以前、大きければ大きいほどダイナミックレンジが広く、高感度であることを記載しましたが、“より綺麗な写真”を撮影する為には、大きいにこしたことはないのですが、それに伴いどうしてもボディがデカくなっていきますし、プラスしてレンズも大きくなります。

それでも上記のソニーのコンデジは二桁台と、かなり良い値段のするカメラになります。
理由は多々あるのですが、コンデジにしては大きなセンサーであったり、画像処理エンジンが優れていたり、手ぶれ補正や動画性能などの様々な機能や利点が合わさってこの価格になってくるわけです。

上記の2機種は先ほども書きましたが、比較するようなものではないのですが、センサーサイズの違いがありますし、キャノンの「EOS Kiss X9i」はレンズ交換式でもあるので、良いレンズを付ければ多分描写力の伸びしろはキャノンの方がデカいと思います。
でも日常スナップなど、気軽に撮影したものに関しては、ほぼ差が出ないと思われます。人によってはコンデジの方の写りが好みという方もいると思いますし、逆も然り。

一昔前、スマホカメラの発達によりコンデジの必要性がなくなりましたが、今では、一眼レフ並みに綺麗に撮影できるコンデジというものが主流となってきています。
なので最近のコンデジは性能が高く、値段も高くなってきているんですよね。

コンデジの価値とは

「10万円近く払うんだったら、一眼レフカメラ買った方が良いのでは?」

と思われるかと。

もしこれからカメラを勉強したいと思っているのなら、一眼レフカメラやミラーレス機などのレンズ交換式カメラをお勧めします。
でも、日常スナップを気軽に綺麗に撮影したい!というのならコンデジはとってもお勧めです。

私がディズニーですごく思ったのが、「家族写真や日常写真では、構図やボケ感よりも、ただ綺麗にキチンと素早く撮影できることが大事」だと。

レンズ交換式カメラってレンズによっても表現の幅って広がりますよね。
マニュアル操作もしやすく、撮影の楽しみがあります。
だからこそ、撮影する一枚一枚にこだわりがとっても表れやすいのだと思います。

日常の家族写真では、渾身の一枚一枚よりも、たくさんの思い出写真があった方があとあと嬉しくないですか?
また偶発的なことも多いので、すぐ撮影できることがとっても大事になってきます。

そういった点で持ち運びやすく、すぐ撮影できて、尚且つ綺麗なコンデジはとっても利便性があるんです。

最後に

私が特にそうなのですが、考えすぎて撮影する機会が少なくなってしまうのであれば、考えないで撮影できるカメラの方がずっと価値がある気がします。
それは時と場合によりますし、人によって価値観が異なってくる部分ではあります。
そういった考えで改めてコンパクトデジタルカメラを見てみると、魅力について再確認することも多いかと。

ただ、気軽に手軽に撮影できるコンデジでも、最近は本当に多機能で便利なモデルが多いので、実際のところ、気軽に購入できる金額ではないのが現状です。

カメラって結構家電の中でも高い部類なので、何が自分にとって必要なのか、その価値観を追求していくと、自ずと必要なカメラが絞られていくと思うので、コンデジもぜひ候補に含め、検討してみてはいかがでしょうか。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

コンデジのススメ サムネ

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です