【作例有り】初めてタイムラプス撮影してみて感じた事

先日、熱海に旅行に行ってきまして、前々から試したかったタイムラプスに挑戦してみました。
タイムラプスは低速度(微速度)撮影とも呼ばれる、昔のコマ送りのような映像が特徴的な動画が作れます。

タイムラプスとは?
タイムラプスとは、デジカメで一定間隔で撮影した静止画を素材として、重ね合わせて作成した動画のことになります。インターバル動画ともいうようです。普段当たり前のように見ている動画も1秒間に60コマ、30コマといった一定時間のフレーム数(静止画数)で処理されています。つまり、その間隔が大きくクレイアニメーションのようなちょっと幻想的な動画になるわけです。

今回は、初めて撮影してみた感想と、次回への反省点を、作例を紹介して説明したいと思います。
撮影方法等は、もっと練習して、また詳しくまとめていきたいです。

スポンサーリンク

 

タイムラプス動画

今回はソニーの「α7M2(ILCE-M2)」と「SEL1635Z」の広角レンズを持って行きました。
三脚はマンフロットの「PIXI EVO」という携帯用のミニ三脚を使用。

今回はあいにくの天気模様で雨が降りそうだったので、外での撮影はやめ、室内から撮影しました。

撮影状況

窓越しのテーブルに、三脚とカメラを設置し撮影しました。

撮影の設定は、

マニュアルモード
焦点距離:35mm
F値:4.5
シャッター速度:1/80
WB:オート

撮影間隔:10秒

になります。

インターバル撮影 1枚サンプル

撮影した一枚がこちら。jpeg撮って出しになります。

撮影した枚数は約600枚程、カメラのバッテリーが切れるまで撮影しました。
時間でいうと、16:00〜17:30頃までの約1時間ちょっとになります。

作例

撮影した静止画を動画編集ソフトにて、加工した動画がこちらになります。

編集ソフトはadobeのpremireになります。
音楽は、CCライセンスでクオリティの高い楽曲が提供されている音楽サイト「Jamendo」より使わせていただきました。

失敗点と課題

失敗した点

ぶっちゃけ失敗点だらけなのですが、箇条書きで上げていきます。

・テーブルの上に三脚を載せての撮影という、長時間撮影に不安定で不向きな状況。
室内撮影中に部屋の電気をon,offしてしまう。
・限られた空間での撮影で広角レンズを活かしきれていない。

まだ色々ありますが、代表的なとこはこんな感じなります。
室内撮影中に電気のon,offが一番いけないですね。窓に反射した照明や自分の影が写ってしまいました。

タイムラプスなので、そこまで目立っていませんが、ちょい不安定な状況下でのシャッターの反動からかちょいブレたりしてます。
カメラ本体とレンズの総重量は約1kgで、「PIXI EVO」の最大耐荷重2.5kgなのですが、テーブルにオンザでは安定感も微妙ですよね。

次回撮影時の課題

今回はカメラボディ内のアプリを使って設定撮影したのですが、今回のように明るさが結構変わる場合には、カメラレリーズとリモコンを使用して、設定した方が都度状況に合わせて細かく設定できるし良いと思いました。
三脚も重めのやつで、しっかりと設置することが大事だなと。
SONYのα7シリーズはバッテリーが小さく、すぐに電池切れを起こすので、給電しながら撮影することで、撮影枚数を増やしたいなと。

感想

タイムラプスは、撮影する準備や、拘束時間が長いわりに作られる動画の長さはとても短いです。
撮影を終えた後も、今回はやっていませんが、動画編集ソフトで修正したり、色味を調節したりと手間がかかります。

でも出来上がったのを見ると、ちゃんと撮って良かったなぁと思うかと。
今回の動画も失敗は多々ありましたが、個人的には結構満足でした。

もしタイムラプス動画を作例するにあたって、オススメの機材や、撮影方法等ございましたら、コメントで教えてください!
宜しくお願いします。


スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です