実はすごく簡単!ホワイトバランスの使い方!

ホワイトバランスの使い方 サムネ

カメラも万能ではないので、実際に見ている景色を再現するには、ある程度、カメラ側で設定する必要があります。

撮影時、実際に目で見ている景色と、撮影しようと背面液晶に映し出された映像の色合いが違うことないですか。

グレーの建物が青白くなってるなーとか、部屋がオレンジがかってるなーなど。

本当に撮影したい色合いと違うけど、何をいじったらいいかわからないし、まぁこれはこれで綺麗だからいっか!となった経験あると思います。

これは被写体に当たる光の種類が異なってくることにより、カメラ側の認識が変わってくる為です。太陽光や電球の光、蛍光灯の光など光の種類は様々です。

どうしたら同じ色合いを再現できるのか。

ここで「ホワイトバランス」の登場です。

ホワイトバランスって何?

ホワイトバランスとは、被写体に当たる光の種類に応じて変わる色味を調整して、白いものを白に近い色に仕上げる機能になります。

人間の目は色の認識や明暗など、カメラとは比べ物にならないくらい優れているので、カメラにて忠実に再現することは難しかったりしますが、ホワイトバランスにて、色合いを望むように補正することが可能となってます。

ホワイトバランスを設定してみよう

カメラのホワイトバランスの設定を開いてみると、

・AUTO(自動)
・電球
・蛍光灯(1,2,3)
・曇天
・晴天日陰
・晴天
・K(細かく設定)

一般的に上記のような項目(※)が用意されていると思います。
※項目数はカメラによって異なります。

室内であれば、光源が電球や蛍光灯になるので、ホワイトバランスをその光源に設定すれば良いことになります。

ホワイトバランスは白いものを白に近い色に仕上げる機能なので、室内であれば、白い壁などにカメラを向け、設定を変えてみると変化がわかりやすいと思います。

色温度(K)って?

なぜ光源によって色合いが違うのか、それは色温度と呼ばれるものが異なるからです。

色温度の図解

上図のようなものを学校の理科で学んだ記憶ありませんか。

晴天時の青っぽさ、赤い夕日など差し込む光の色合いが異なれば、その光を受けた被写体の色合いも変わってくることは自然なことですよね。

今、光源はどういう状況か、それを適切に設定してあげることで、実際の色合いを再現できるわけです。
ホワイトバランスのプリセットである、電球や蛍光灯、曇天などはそれぞれの色温度が設定されているわけです。

カメラの機種によっては色温度を数値で指定することも可能です。

上図にも記載していますが、色温度はK(ケルビン)という単位で表されます。色温度を数値で指定できるものには、ホワイトバランスに“K”と書かれた設定があり、これを選択すると“○○K”といった数値を設定出来るようになります。

例えば、晴天時と曇天時では色温度の幅があります。
この中間に位置した天候時では、どちらを設定したら良いのか迷ってしまいますよね。そんな時、色温度で細かく設定することで、忠実な色合いを再現できるわけです。

また、蛍光灯で照らされた室内に、窓から日差しが差し込んでる場合、色々な光が混じっています。この場合も蛍光灯や晴天に設定しても満足のいく色合いにはならないと思いますので、自分で色温度を調節することで実際の色合いに近づけることが出来るわけです。

最近のカメラですと、ホワイトバランスをオートにしてもかなり忠実にしてくれるモデルもございますが、カメラによっては納得いかないこともあるので、自身で設定するクセをつけておくと良いと思います。

表現としてのホワイトバランス

お花を、いろいろなホワイトバランスで撮影してみました。

この日の天候は曇り。オートでの撮影とホワイトバランスを曇天で設定した撮影写真が似ていることがわかります。

色合い的におかしなものもありますが、どれも写真の表現としてはありではないですか?

このように、敢えて実際の色温度とは違った設定をするホワイトバランスの使用方法もあります。

これは好みになってくるので、ホワイトバランスをいじって、自分の好きな色合いにする撮影も楽しいと思います。

メーカーによる違い

ホワイトバランスは白いものを白に近い色に仕上げる機能で、実際の色合いを再現するために調節するものになりますが、それによって上記のような表現としての色合いがうまれます。

少し話が違うかもしれませんが、メーカーの持つ色合いについて少しだけ付け加えておきます。

同じ設定で同じ景色を撮影したとしても、メーカーが違うと色合いが違ってきたりします。
これはハイエンドクラスの方がより強く表れることが多いです。

JPEG書き出しでは、フォトショップなどの画像編集ソフトを用いても似せることは難しかったり。

どのメーカーが正解で、間違いといったものではなく、メーカーの特性であり、色でもあるので、これもまた好みとなってきます。

こうなると、ホワイトバランス云々の話では無くなってきます。

自分が持っているカメラ、これから購入しようと思っているカメラの特性を知っておくと、より自分の再現したい写真の色合いに近づけることが出来るので、とても大事なことです。

最後に

実際、ホワイトバランスの設定を都度して撮影するのは手間が掛かります。(笑)
なので基本はオートで、もし気になるようなら設定する程度で良いと思います。

それでも気になるし、でも、都度設定するのは嫌だ!という方は、「raw」での撮影をオススメします。
「raw」は簡単に言うと、写真としての像ではなく、光のデータになります。

「raw」データはパソコンにて現像ソフトを使い、写真としてJPEGで書き出すのですが、利点が色々とあり、その一つに現像時にホワイトバランスを設定できます。
つまり、撮影した時点でどのホワイトバランスを選んでようが、現像ソフトにて、改めて色温度を細かく設定できるというわけです。(極端な言い方をすると、適正露出さえ守っていればなんとかなるわけです。)
勿論、JPEGでの撮影では、撮影時のホワイトバランスで書き出されてしまうので、変更はできません。

現像ソフトも手間と時間はかかるので、ここも“好み”にはなってきます。
ご自分にあった写真撮影スタイルでお楽しみください!

ホワイトバランスの使い方 サムネ

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です