【02 Classic Films】「VSCO Film」で簡単にオシャレでセンスのある写真に!

サムネ

前回、「VSCO Film」について購入方法やインストールについて書きました。

「VSCO Film」はadobeの「Lightroom」という現像ソフトの有料プラグインで、raw画像を簡単にオシャレな写真に仕上げてくれるというもの。

今回は実際に使用して現像した写真を見ていきたいと思います。

検討中の方はご参考頂けたら幸いです。

スポンサーリンク

「02 Classic Films」の作例

02 Classic Films

私が購入したのは「VSCO Film」は、「02 Classic Films」というプリセットになります。
フィルムカメラっぽい写りが好みの方に、とても人気のあるセットになります。

左がオリジナルのjpeg撮って出しの画像、右がraw現像後の画像になります。
全て、プリセットを適用しただけのもので、他はいじっておりません。

真ん中のバーをスライドして比較してみてください。

Fuji Neopan 1600

Fuji Superia 100

Fuji Superia 400

Fuji Superia 800

Fuji Superia 1600

Ilford Delta 3200

Kodak Portra 160 NC

Kodak Portra 160 VC

Kodak Portra 400 NC

Kodak Portra 400 UC

Kodak Portra 400 VC

「VSCO Film Toolkit」について

「02 Classic Films」を購入すると、「VSCO Film Toolkit」と呼ばれる、主に色やコントラスト、効果に絞った細かな調整ができるプリセットが付いてきます。他のプリセットを同様です。このプリセットは重ねがけできるので、好きな表現をどんどん追加していくことができます。

Kodak Portra 400 UCに「VSCO Film Toolkit」を適用した作例

Kodak Portra 400 UCに「VSCO Film Toolkit」を適用した作例

こちらは、Kodak Portra 400 UCに「VSCO Film Toolkit」の[Color:Blues ++]、[Fade +++]、[Vignette +++]を適用したものになります。

Kodakの35mmカラーネガフィルム Portra(ポートラ)らしい、青みが清々しい写真に仕上がっていると思います。

最後に

今回はわかりやすいように、同じ写真にて仕上がりを比べてみましたが、風景や被写体によって変えていったり、プラスして、自分の好きなように色味を変えたりしていくともっと面白い発見があると思います。

ぜひ購入した際は色々といじって楽しんでみてください。

スポンサーリンク


スポンサーリンク

サムネ

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です