ISO感度との上手な付き合い方

デジタルカメラの設定画面をいじっていると、ISOと書かれた文字があり、AUTO,200,400,800,1600,,,といった数値を選ぶことができます。

感度は光をとらえる能力を数値で表したものになり、単位にISOが使用されます。ISO感度と呼ばれます。

この数値が大きくなるほど、高感度になり、光の少ないところでも撮影が可能となるわけです。

前回、イメージセンサー(撮像素子)について話しましたが、デジタルカメラは撮像素子に当たった光を電気信号に変えてデジタル処理をしています。

ISO感度を上げるということは、この電気信号を増幅すること。
つまり、少ない光量でもISO感度を上げることで光量を増幅させ、適正露出にすることができるわけです。

ISO感度を上げると暗いところでも明るく撮影できる……けど?

カメラを使用していると難解な言葉に出くわすことも多々あり、意味を調べても、今まさに説明しているようなセンサーが〜とか、電気信号が〜とか、イミワカランってなることも多いと思います。

なので、ISO感度は数値を上げれば上げるほど、暗いところでも明るく撮影できる!と認識して構わないと思います。

でも一つだけリスク?というか、欠点があることだけ覚えておきましょう。

ISO感度を上げるとノイズが増える

ISO感度を上げることは、電気信号を増幅すること。信号を増幅するとノイズも増幅されてしまう為、ISO感度を上げるほどノイズが増えたり、発色や階調性が低下したりします。

上図ですと、ISO2500ですと被写体の輪郭がスッキリしているのに対し、ISO12800だと被写体と背景の境目がザラついています。

夜や暗い部屋にて、スマホやデジカメで写真や動画を撮影しようとすると、ジャリジャリとしたざらつきが目立って綺麗に写らないといった経験ありませんか。

ISO感度をAUTOに設定していると、暗闇での撮影ではどうしても光量が足りず、無理やりISO感度をあげようとカメラ側は判断します。
結果的に画質が劣化した写真や映像になってしまうのです。

勿論、ISO感度をAUTOにして撮影することも良いのですが、カメラによっては露出過多なほどISO感度を上げてきたりします。
夜間撮影や暗いところの撮影では、自分でISO感度を調節してみると、意外とこのISO感度で十分だな!この光の暗いの写りが格好いいな!といった好みもわかるので、是非自身で色々設定して撮影してみることをお勧めします。

ISO感度が低い方が良い?
ISO感度が高くなるとノイズが増えるので、なるべく低く設定した方が綺麗。これは間違いではないのですが、写真は綺麗だけでなく写し出したい絵柄や雰囲気があります。勿論、暗いところでの撮影が多いので、ISO感度を常に上げているという人もいるでしょう。そういった光量だけでなく、ノイズ……そのざらつきも写真の味として写している人もいます。フィルムに100、400、800などあったのは、光は勿論、表現に合わせて選んでいたわけです。
例えば、ISO感度が低い方が滑らかでふんわりとした表現になるのでポートレートなどに向いていますが、雑多とした街並みをリアルに写し出したい場合、きめ細やかに表現した方が力強さを感じるので、ISO感度をワザとあげたりします。ISO感度が低いに越したことなないのですが、表現としてISO感度を利用することがあるということを知っておくと写真表現の面白みが増していきます。

絞りとシャッタースピードとISO感度

適正露出について、以前、絞り値とシャッター速度にて光の量を調節することができると述べました。
ここにISO感度でも光量が調節できることが加わると、より撮影条件の幅が広がっていくことがわかります。

例えば、どうしてもF4にて撮影したく、

「ISO200 F4 シャッター速度1/30

上記が適正露出の条件だったとします。でも、シャッター速度1/30では手振れが不安です。

ここで、F値を変えずにISO感度を800まで上げるとすると、

「ISO800 F4 シャッター速度1/125

光量は4倍になるので、適正露出にするのに、F値を変えず、シャッター速度は1/4倍にすることができます。

つまり、速くシャッターを切ることができ、手振れを抑えることが可能になるわけです。

このように、写真の表現上どうしてもこの絞り値を、シャッタースピードを使用したいと言ったものが出てくる中で、片方で光量を調節するのではなく、ISO感度も調節することで、最適な絞り値とシャッタースピードを使用できるわけです。

気にしすぎないことも大事

ISO感度を気にしすぎると、絞りやシャッタースピードで光を調節することになりますが、それではどうしても限界があります。
先ほどの例のように、光量を優先的に絞り値やシャッタースピードを調節するとなると、写真表現の幅も限られてきてしまいます。

“ISO感度は1600、3200以下で”

といったのも一昔前のお話。最近のカメラは高感度性能がとても高いモデルが増えています。

特にWEB上では、ISO3200やISO6400、さらにはISO12800でさえノイズが気にならないほど綺麗に見えます。
(拡大しなければわかりません)

これは勿論カメラによって異なってくるので、自分のカメラの“自分にとっての常用ISO感度(綺麗に撮影できるISO感度の幅)”はどれぐらいか、あらかじめ試し撮りして知っておくことが大事になってきます。

ISO感度を上げすぎはダメ!と決めつけず、自分のカメラはどこが限界?表現としてはどの感度が最適?といったものを考えながらISO感度を調節して撮影してみましょう!
きっと新たな発見があるはずです。

シェアしていただけると小躍りして喜びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です